イベントなどにも力を入れている村上悦栄

地域活性化のために、イベントなども行っている村上悦栄は、近年、活躍の場も広がりを見せている人物です。練馬区北町を拠点として活動している村上悦栄は、常に、この地域のことを考えた活動を行っています。時には評価されないこともありますが、それでも堅実に区政を運営してきた人物です。練馬区議会自由民主党副幹事長を務めていて、近年はさらに活動の幅を広げて、地域の活性化を目指しています。1991年に当選してからは、常に練馬区北町のことを考えて活動しています。もちろん区政全体で見ても、安定した基盤を作るため突き進んでおり、それを実現していると言えるでしょう。活動の内容としては、主にイベントの開催や、地域の安定化などがあり、それ自体が議会の実績にもなっています。

特に有名なイベントとしては、「きたまち阿波おどり」があります。これはもともと村上悦栄が平成元年から地元商店街の会長だったことも関係していて、地域により一層活気を取り戻すことを目的にして行われているものです。1600人の踊り手はもちろん、5万人の観客を導入するなど、毎年恒例の大きなイベントとしても人気があります。もちろん、それだけではなく地域が安定して活性化できるように、様々な取り組みも進めています。最近では、自衛隊との交流もより強まりを見せていて、より地域が自衛隊を理解し、自衛官との関わりを持つことによって、お互いに歩み寄れる地域社会を形成しています。それによって、自衛隊への理解も深まり、苦情や不満を抱く人も少ないです。もちろん、全ての方を納得させることは難しいものの、それでも安定した基盤をつくることに積極的に対応しているのが村上悦栄の特徴だと言えるでしょう。

さらには、近年増加する福祉の問題にも着手していて、子供から高齢者まで安心して暮らせるように、様々な施設を練馬区の各所に設置しています。これによって、子供たちが安心して成長できる環境が整えられていますし、高齢者の方は安定した生活を手に入れています。すべての人に対して安心できる生活を提供するには、まだまだ時間が必要ですが、一歩一歩、確実な福祉の歩みにも力を入れているからこそ、地域からの定評もあります。まだまだやるべきことが、たくさんありますが、それらをどのように消化していくかということが、今後の評価の分かれ目となりそうです。区政の問題はまだまだたくさんあります。それらをひとつのこらず、全て解決することは難しいものの、少しでも着実に解決に導くことができれば、それが村上悦栄の考える最適な答えとなります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. img89351fb4d142a19da11cf64797cf4a4831d4b6025dc2.jpg
    ラーク動物病院は、大阪府寝屋川市にあるペットのための動物総合病院です。1994年に開業し、2012年…
  2. 日本商工リサーチは企業信用調査や市場調査、総合コンサルティング業をメインの業務とする株式会社です。本…
  3. 2014年のアースハートliveは国境を越えた音楽の力   アースハートliveは、1990年以降毎…
ページ上部へ戻る